帰省















 
先週は
 
 
様々な事で疲れてしまい


ブログの更新どころではなかった

 
9月23日 金曜日の朝9時少し過ぎた頃


 携帯に姉からの電話


こんな時間に何だろうと出てみると


 実家の兄から電話があり


今朝 母が亡くなったと


今年で94才


以前からある程度覚悟はしてはいたとは言え、連絡を貰った時


思い返すと、仕事の事などが頭の中で渦巻いて


冷静な考えができなくなっていたのかもしれない


それでも何とか午前中で仕事を片付け


無理な事は、お客さんに連絡をして来週に延期させて頂いて


名古屋発 15:51 のぞみ39号博多行きにとび乗って小倉へと向かう







2016092315390000.jpg 





小倉からは 19:11 発 特急ソニック 47号で大分まで
 
 
大分からは、普通列車で臼杵まで
  
  
実家に着いたのは、23時を過ぎていた
 
 
久しぶりに会えた母親の手は冷たかった
 
 
何もしてあげられなかった、だめな息子でしたとただ謝った


次の日は、家族葬で内々に済ませ


夜21時にはあわただしく家にたどり着いた


「せっかく帰るのだからゆっくりしていけばいいのに、、、」


家内や義父はそう言ってくれたけど


色々事情があって長居できなかった


九州からの帰り際に兄がポツリと


「次に帰るのは俺の葬式かなあ(笑 と」


あと2年で70か!早いもんだね!でもまだまだ死ねないよと(笑 と言うのが精いっぱい


母の面倒を見ていてくれた事への思いから


最近膝が悪くなって何となく老けてしまった兄に、深く頭を下げて九州を後にした。
























スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お母様

大変でしたね。
ご冥福をお祈りいたします。

No title

LimeGreenさん、こんばんは!
ありがとうございます
母は長い間、老人施設に入所していましたが
長生きできたので良かったのではないかと思いたいです

それは大変でしたね

寂しくなりますね。

心よりご冥福をお祈り申し上げます

No title

こんばんは。
お母さま、亡くなられたんですね・・・
ご冥福をお祈りいたします。

No title

カモミールさん、こんばんは!
ありがとうございます
帰省する機会がなくなったみたいで確かに寂しいのですが
母には、もう頑張らなくていいよと
そんな言葉をかけたい自分がいます

No title

manさん、こんばんは!
ありがとうございます
94才と言えば
長生きだと思います
僕には無理かもしれません。

そうかあ

お母様のご冥福を心からお祈りしますね
親はあたりまえなんだけど
いつまでも元気でそばにいてくれると小さな頃は思ってましたよね
大人になって
弱っていく親を見るのが切なくて
なんとなく会えないときも元気でいてくれてると思い込んでいたりしました
私も父も母ももういないけど
心にいつも笑ってそばで力をくれます
atli さん
切なくて辛いと思うけど頑張って

No title

たいへんでしたね。お悔やみを申し上げます。
突然のことでお力をお落としのことと存じますが、
くれぐれもご自愛下さいませ。

No title

koumamaさん、こんばんは!
ありがとうございます
もう何年前だったか
前回帰省した際、母が作ってくれた
豚肉の味噌漬けをソテーした夕食、それが最後の手料理でした
昔の母が作ってくれた料理はもっと上手だったけどなあ と、思ったものでした
今思えば、罰当たりな事ですけど(笑
そして帰り際に窓辺で手を振る母
その時はもう、足も視力もかなり悪かったけれど、、、
僕もタクシーの車内から心の中で
大きく手を振りました、それが最後に見た母の光景です
当たり前に近くに住んでいるのとは違い
半日近く時間をかけないと帰れない
出費もそれなりにかかります
でも、母は亡くなった父の事がとても好きでした
たくさん喧嘩もしました
それ以上に冗談言ってみんなで笑いました
あの当たり前の日々が
とても懐かしく思えます
そんな父親とあちらで再会できていると思います。

No title

らいむさん、こんばんは!
ありがとうございます
やはり九州は遠いです、、、
観光ならいいのでしょうが
今回のように急な事は
さあ、行こうか!ってわけにはいきません
こんな時は、実家が近い人がうらやましく思えます
それにしても疲れました、、、(笑

No title

あとりさん
こんばんは、お母さんに生きて会いたかったですね
私と一緒です、解っては、いましたよね
遠い所へ来てしまった
母と祖父 その時に涙を随分流しました。

祖母の時は、生きて会えました
その時は、私には、何故だか会える気がしていて
今年7回忌息子が 先日帰ってお墓参りしてくれました。

お気持ち察します、
私も泣けて お母さんも解ってくれてますよ。
心よりご冥福をお祈りいたします。

No title

るんさん、こんばんは!
ありがとうございます

生きてる時に、、、
たとえ認知症で誰だか分からなくても
会っていたほうがよかったかもしれないですね
でも悔やんでも悔やみきれません

僕は祖父母の事はさっぱり知りません
母の両親の写真を見た事がある程度です
それにしても、7回忌に帰ってお参りをするなんて
るんさんの息子さん偉いね!

今回の帰省で一番記憶に残ったのは
あんなに元気だった兄が何となくだけど
ずいぶん老けてしまった事
まぁ僕もあと3年で還暦だから
人の事なんて言えないけど、、、(笑

No title

お母さまのご冥福をお祈り申し上げます。

親と離れたところに暮らしていると、ある時からもしかしたらこれが最後かも・・・
そんな想いの時間が過ぎますね。
少ししてから、また多くの想いがあふれることでしょうけれど、
atliさんも駆け足でのお里帰り、大変でしたね。
お兄様に感謝されてのお別れ、とても大事なことだったと思います。
故郷も、だんだん遠くになりますね。

No title

アメブルさん、こんばんは!
ありがとうございます
帰省するのに片道6時間ほどかかりました
でも昔に比べれば、まだましかもしれません
以前と比べ、新幹線は早く感じられましたが
小倉から大分までが長く感じられました
やはり「のぞみ」の速度に体が慣れてたせいだと思います
もう50年ほど前
僕のすぐ上の姉が若くして亡くなった時
兄は北海道の千歳におりました
当時、電報で「〇〇危篤すぐ帰れ」などと送り
少し間をおいて「〇〇死す・・・」と、電報を送っていたのを
幼心に覚えています、当時たしか8才だったと思います
故郷も、記憶も、だんだん遠くなる寂寥感を覚えます。

No title

お母様が・・・ご冥福をお祈り申し上げます

もう少しゆっくり出来たら・・・
でも、お仕事だと仕方ないですもんね

No title

rikoさん、こんばんは!
ありがとうございます

日豊本線は新幹線がないので
時間がかかります
名古屋から鹿児島に行く方が
早いかもしれません

No title

お母様のご冥福をお祈り申し上げます。

お寂しくなりますね。
どうぞatliさんもお身体を大切になさってください。

No title

くぅままさん、こんばんは!
ありがとうございます
田舎に帰る口実がひとつなくなりました
と言っても
全然帰ってはいませんが、、、
これからますます寒くなります
どうか、くぅままさんも、ご自愛ください!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7786位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2754位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

atli

Author:atli
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
おきてがみ

いつもありがとうございます!
フリーエリア
blogramのブログランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
現在の閲覧者数: