ばらんすしーと







blogramによるブログ分析
  









16-01-231.gif

ネット画像よりお借りしました










12月の気温が高かった


その帳尻合わせじゃないと思いますが


24日から25日は記録的な低温になりそうです


雪を楽しみにしている方もいると思いますが


個人的には今の時期、寒くてもしかたないけど


      雪だけは降らんでほしいと思っております




昨年の暮れに義母を亡くし


喪中ハガキを出し遅れたので


寒中見舞いで失礼させていただいたんですが


先日九州に暮らす実兄からお悔やみの電話がかかってきた


恥ずかしながら兄と話をするなんて何年ぶりか分からないほど (笑


しかし、その声はすぐに兄だと分かるほど変わってなかった


この記事を読む方には無関係ですが、備忘録として残しておきます


















Take it easy


Eagles


 
1972年に発表されたイーグルスのデビュー曲であり代表曲

 最も有名なカントリー・ロック・サウンドの1つでもある。








前回のデビット・ボウイに引き続き


18日、Eaglesの創設メンバーでありリーダーでもあった


グレン・フライが67才という若さで逝ってしまわれました


ほんのひと月前に「Newkid in town」を掲載させていただいたところなのに、、、


それにしても早過ぎます。







廃棄食品の横流しというニュースも毎日紙面に載っています


モラルもルールも無関係の私利私欲の困った事ですが


その記事を読んでいて


昨年の暮れに聞いた「世界で最も貧しい大統領」と呼ばれていた


前ウルグアイ大統領のホセ・ムヒカさんのスピーチを思い出しました


僕は情けないことに、このスピーチを知りませんでした


去年初めて知ったのもあるラジオ番組内にある


子供向けのコーナーを偶然聞いていてのことです


そのスピーチの一部をこちらも備忘録として残しておきたい思います




 
質問をさせてください、ドイツ人が一世帯で持つ車と同じ数の車をインド人が持てばこの惑星はどうなるのでしょうか。
 
息するための酸素がどれくらい残るのでしょうか。
 
同じ質問を別の言い方ですると、西洋の富裕社会が持つ同じ傲慢な消費を世界の
 
70億?80億人の人ができるほどの原料がこの地球にあるのでしょうか?
 
可能ですか?それとも別の議論をしなければならないのでしょうか?
 
なぜ私たちはこのような社会を作ってしまったのですか?
 
マーケットエコノミーの子供、資本主義の子供たち、
 
即ち私たちが間違いなくこの無限の消費と発展を求める社会を作って来たのです。
 
マーケット経済がマーケット社会を造り、このグローバリゼーションが
 
世界のあちこちまで原料を探し求める社会にしたのではないでしょうか。
 
 私たちがグローバリゼーションをコントロールしていますか?
 
あるいはグローバリゼーションが私たちをコントロールしているのではないでしょうか?
 
このような残酷な競争で成り立つ消費主義社会で「みんなの世界を良くしていこう」
 
というような共存共栄な議論はできるのでしょうか?どこまでが仲間でどこからがライバルなのですか?
 
このようなことを言うのはこのイベントの重要性を批判するためのものではありません。その逆です。
 
我々の前に立つ巨大な危機問題は環境危機ではありません、政治的な危機問題なのです。
 
現代に至っては、人類が作ったこの大きな勢力をコントロールしきれていません。
 
逆に、人類がこの消費社会にコントロールされているのです。

 
私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。

幸せになるためにこの地球にやってきたのです。
 
人生は短いし、すぐ目の前を過ぎてしまいます。命よりも高価なものは存在しません。

 
ハイパー消費が世界を壊しているのにも関わらず、高価な商品やライフスタイルのために人生を放り出しているのです。
 
消費が社会のモーターの世界では私たちは消費をひたすら早く多くしなくてはなりません。
 
消費が止まれば経済が麻痺し、経済が麻痺すれば不況のお化けがみんなの前に現れるのです。
 
このハイパー消費を続けるためには商品の寿命を縮め、できるだけ多く売らなければなりません。
 
ということは、10万時間持つ電球を作れるのに、1000時間しか持たない電球しか売ってはいけない社会にいるのです!
 
そんな長く持つ電球はマーケットに良くないので作ってはいけないのです。
 
人がもっと働くため、もっと売るために「使い捨ての社会」を続けなければならないのです。
 
悪循環の中にいるのにお気づきでしょうか。これはまぎれも無く政治問題ですし、
 
この問題を別の解決の道に私たち首脳は世界を導かなければなりません。
 
石器時代に戻れとは言っていません。マーケットをまたコントロールしなければならないと言っているのです。
 
私の謙虚な考え方では、これは政治問題です。
 
昔の賢明な方々、エピクロス、セネカやアイマラ民族までこんなことを言っています

 
「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、

               無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」

 
これはこの議論にとって文化的なキーポイントだと思います。
 
国の代表者としてリオ会議の決議や会合にそういう気持ちで参加しています。
 
私のスピーチの中には耳が痛くなるような言葉がけっこうあると思いますが、
 
みなさんには水源危機と環境危機が問題源でないことを分かってほしいのです。
 
根本的な問題は私たちが実行した社会モデルなのです。
 
そして、改めて見直さなければならないのは私たちの生活スタイルだということ。
 
私は環境資源に恵まれている小さな国の代表です。私の国には300万人ほどの国民しかいません。
 
でも、世界でもっとも美味しい1300万頭の牛が私の国にはあります。ヤギも800万から1000万頭ほどいます。
 
私の国は食べ物の輸出国です。こんな小さい国なのに領土の90%が資源豊富なのです。
 
私の同志である労働者たちは、8時間労働を成立させるために戦いました。
 
そして今では、6時間労働を獲得した人もいます。しかしながら、6時間労働になった人たちは別の仕事もしており、
 
結局は以前よりも長時間働いています。なぜか?バイク、車、などのリポ払いやローンを支払わないといけないのです。

 
毎月2倍働き、ローンを払って行ったら、いつの間にか私のような老人になっているのです。
 
私と同じく、幸福な人生が目の前を一瞬で過ぎてしまいます。
 
そして自分にこんな質問を投げかけます:これが人類の運命なのか?私の言っていることはとてもシンプルなものですよ
 
発展は幸福を阻害するものであってはいけないのです。発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはなりません。
 
愛情や人間関係、子どもを育てること、友達を持つこと、そして必要最低限のものを持つこと。これらをもたらすべきなのです。
 
幸福が私たちのもっとも大切なものだからです。環境のために戦うのであれば、
 
人類の幸福こそが環境の一番大切な要素であるということを覚えておかなくてはなりません。



参考にさせていただいた記事は



https://www.youtube.com/watch?v=jwbaoi6a4BU


 http://grapee.jp/29950 



http://www.nikkeyshimbun.jp/2015/150306-61colonia.html


などから抜粋させていただきました。









おまけのgif



で、、、結局



彼は 何が したかったのか ??? (笑










16-01-241.gif 


ネット画像よりお借りしました











おまけにもう一つ


30日封切りの映画




































スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アメリカの

資本主義ってほんとに(当のアメリカ人でさえ)嫌気がさします。
それでもってドナルド・トランプみたいなその資本主義の筆頭のヒトを応援するひともあるんだから、この国のことは心配になります(弱者とマイノリティはとことん切って捨てようという主義ですから)。

だからその逆のひとたちはバーニー・サンダースを応援してたりするわけですよね。彼が大統領になったら、この国も捨てたもんじゃないなと思うわけですが。さてどうなるでしょう。

このスピーチは3年ほど前のもののようですね。中国の経済成長がすこし弱まった、ということで、安物買いをしてきたほかの国が(自分の国の失業者などのことを考えて)少しは学んだのかなとか思ってたりするのですが。

LEDはずいぶん安くなってきましたし、やわらかい白熱灯の色が好きなアメリカ人にも受け入れられやすい色のものが沢山出回るようになりました。よかったよかった。

私はカントリーが極端に苦手なので、EaglesはほんとにHotel Californiaぐらいだけで(同様にレーナード・スキナードもFree Birdだけしか好きじゃない)…。

No title

LimeGreenさん、こんばんは!
弱者とマイノリティは切り捨てる!
僕は頭は悪いし体力もないし、要領も悪いから
まず切り捨てられそうです
ムヒカさんの話も理想的と言ってしまえばそれまでかも
あの年になれば物欲も少ないだろうし
何より奥さんができた人なんだろうなあ
などと穿った見方をしてしまいます(笑
電力に関してはもっと
技術的に進んでると思うんですが
LEDにとどまってるんですよね!?
カントリーは僕も特に好きというわけではありません
ただのちの活躍を支えた根底にある曲は
この曲なのかなあと感じています

No title

こんばんは、

あとりさん お兄さんと話は、弾みましたか?
遠いと・・中々ねぇ(;_;)

雪が凄かった長崎私の実家は、日本最先端です(笑)
愛知に来たら こっちの方が暖かった( ´艸`)雪は、余り降らないけど寒いよぅ。

あとりさんの所は、雪降らないね
温泉が沢山あって羨ましいです。

今 帰ると浦島太郎かな?

No title

るんさん、こんばんは!
男同士なので話は弾まなかった(笑
まあそれでいいんじゃないかな!

るんさんの実家って
ハウステンボスのあるとこだった?!
やっぱり寒いんだね~!

大分も平地は雪降らないね~
ちなみに臼杵は天然温泉出ないよ(笑
別府や湯布院行けばあるけど!

実家の実母は今年で94才
大正11年生まれ!!
生きてるうちに帰りたいね、、、

No title

>ねこなんかよんでもこない
あとりさん いいの貼ってくれましたね
凄い 見たくなっちゃうねぇ♪

No title

るんさん、こんばんは!
さすが猫派だね~☆
僕はジジイで涙もろくなってるから
この予告の見ただけで、じわ~~ときます(笑
実話みたいですね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7786位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2754位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

atli

Author:atli
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
おきてがみ

いつもありがとうございます!
フリーエリア
blogramのブログランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
現在の閲覧者数: